奥平歯科医院
トップページ
患者様の安全のために
デンタルエステ
矯正歯科
審美歯科とホワイトニング
診療案内
医院情報
院長のコラム医院ブログ
ご予約はお電話で 0798-26-6474 受付時間 9:00〜20:00 休診中は受付を行っていません

当医院では、審美的要因にも重点を置き治療を進めていきます。矯正治療とインプラントの併用、歯周病により、みだれた歯並びも歯周病治療と併用して、矯正治療を行い、歯並びを改善することも可能です。

混合歯列期(永久歯と乳歯が混在する時期6〜12才頃)では本格的な矯正に先がけて部分的な矯正や、上下の骨格の関係を補正する治療を行う場合があります。

矯正治療は何歳頃から始めればよいでしょうか。

一般に矯正治療は乳歯が永久歯に萌えかわる、あるいは、ほぼ萌えかわるめどのたつ 11〜12才頃に開始するのが最適とされています。但し、反対咬合(うけ口)や程度の強い上顎前突(出っ歯)などの場合はそれより早期に始めた方がよい場合もありますので、お子様の歯並びの異常に気付いたら早めにご相談ください。

矯正治療は子どもしかできないのでしょうか。
歯を動かすことはどんな年齢でも可能です。高校生や大学生でもたいていは矯正治療によって美しい歯並びに改善することができます。もっと年をとって成人になっても症例によっては本格矯正が充分可能なケースもあります。しかし、年齢が上になるほど歯は動きにくくなります。そのため一般に若年者よりも治療期間が長くなります。また、骨格の成長のアンバランスが原因の不正咬合は、成人では通常の矯正治療のみでは改善できない場合もあります。例えば下顎が成長しすぎた場合に起こる下顎前突(うけ口)の場合は矯正治療と並行して外科手術が必要となります。
治療期間はどのくらいかかりますか。
症例によって違いますが、装置を入れてから平均2年半程度で美しい歯並びになります。1〜数本の歯を動かすだけですむ簡単な矯正治療の場合は約3〜6ヶ月程度でなおります。
どのくらいの割合で通院するのでしょうか。

月に1〜2回程度です

子どもが思春期なので矯正装置を嫌がらないか心配です。
最近の矯正装置は透明のブラケットを使用しますので細いワイヤーが見えるだけになっています
治療が終わり装置をはずした後、歯が元の位置に戻ることはありますか。
治療完了後そのまま放置すると、やや後戻りすることがあります。それを防ぐために取り外しのできる軽いプラスチック製のリテーナー(保定装置)というものを入れます。そして後は経過観察に入ります。経過観察は約4ヶ月に一回のわりで来院していただきチェックします。リテーナーを入れる期間は、歯を動かすのにかかったのと同じくらいの期間です。その期間が過ぎたらリテーナーを外します。歯はもう元の位置に戻ることはありません。

Copyright©2005 Okudaira Dental Clinic All right reserved.